パスタを食べる時のソースって、スーパーへ行けば色んなものがあります。

しかし、化学調味料なしとなるとちょっと難しい。。。プロでないと無理かも。

そこで今回は、プロが考えた和風パスタソース(しょうゆ味)を紹介します。

実際にお店の主力メニューとして出ていた、いわば看板のメニューで、パスタソースを開発したシェフに聞いた秘伝の味です!

スポンサーリンク

和風パスタソース【しょうゆ味】の材料

  • しょうゆ・・・50ml
  • 水・・・50ml
  • しょうが・・・20g
  • ニンニク・・・1g(約1/2片くらい)
  • 玉ねぎ・・・20g
  • 日本酒・・・10ml(大さじ2/3)
  • みりん・・・10ml(大さじ2/3)

化学調味料不使用 パスタソース 和風 しょうゆ味

以上の材料をミキサーに入れ、よく粉砕すれば完成です。

後は調理のときに使用します。

パスタ一人分で大さじ2~3杯(30~45ml)は使用するので、家族が多い方は2倍の分量で作ったりしてください。

残った分の保存は空き瓶やペットボトルで可能です。

1週間くらいは平気だと言ってましたが、早めに使い切ってください。

パスタソース しょうゆ 化学調味料不使用

和風パスタソースを使ったレシピ

では、一番お勧めなパスタのレシピを紹介します。

私は小麦粉を食べないので、麺にはビーフンや蕎麦を使っていますが、やはりパスタが一番美味しいです。

スポンサーリンク

和風パスタ(しょうゆ味)の作り方&材料

パスタ一人前の材料は以下の通りです。

  • なす(短冊切り)・・・1/4本
  • エノキ(半分の長さ)・・・1cm束
  • 生しいたけ(細切り)・・・1個
  • 長ネギ(細切り)・・・5cm
  • ピーマン(細切り)・・・1/2
  • 大葉(細切り)・・・1枚
  • 刻み海苔・・・少々
  • 油・・・大さじ3
  • 塩コショウ・・・少々
  • パスタ(太めがおすすめ、お店は2.0だった)

※なすが油を吸うので油は多めです。

和風パスタの作り方

★2人前を作るときも、一人前ずつ調理したほうが作りやすいです。

1.パスタソースを作る

2.野菜を洗い、切る

3.野菜を油で炒めて、軽く塩コショウをする

4.パスタソース2~3杯と同僚の白ワインを入れ、味を整える

5.茹でたパスタをそのままフライパンに入れ、ソースと絡めて皿に盛る

6.大葉と刻み海苔、お好みでわさびを乗せて完成

化学調味料不使用 しょうゆ パスタ 和風

画像はビーフンで作ったときです。

しょうゆと大葉の香りが食欲をそそる一品です。

なすが油をたくさん吸うので、油の処理をしたいとき等にもおすすめのメニューです。

ちなみに、麺を蕎麦にしたこともあります。

化学調味料不使用 しょうゆ パスタ そば

しょうゆ味なので組み合わせとしては合いました。

小麦粉を食べない方は一度お試し頂くと良いかもしれません。

そば麺をフライパンで調理するのは初めての経験でしたが、美味しかったです。

秘密のレシピを教えてもらえた理由

最後に特別シェフとも親しくない普通の客がなぜ、そんなレシピを教えて貰えたのか!?

その理由は、シェフが年を取って引退するからでした。

子供の時から20年以上通った店なので、シェフもそれなりの年齢を重ねていました。

そんな事とは知らずにいた私はお店が無くなる事がショックでした。

しかし、意を決して話しかけたおかけで、お気に入りの店の味を家庭で楽しめるようになりました。

昔から通っていた話や、お店のパスタへの想いをシェフに伝えられて良かったと思います。

シェフも「そんなに気に入ってもらえて嬉しい!」と快くレシピのノートを見せてくれました。

今ではパスタ以外にもハンバーグに絡めたり出来る、万能な調味料として重宝しています。

もう10年以上前の話ですが、美味しいパスタが出来るレシピは今でも現役と言えるのではないでしょうか!