餃子を作ったときにニラが余ったので、残り物で一品作りました。

ニラレバ炒めにしたかったのですが、レバーが手に入らず豚のロース薄切りで代用。

ちゃんと美味しく中華料理風になりました。

スポンサーリンク

【材料】

買い出しリスト

  • ニラ・・・1/2袋(約8本くらいでした)
  • 豚ロース薄切り肉・・・100gくらい
  • もやし・・・1/2袋

調味料(肉の下味用)

  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • チューブにんにく・・・小さじ1

調味料(味付け用)

  • 鶏がらスープの素・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 粗挽きこしょう・・・少々
  • ごま油・・・小さじ1/2

【作り方】

1.豚ロース肉を3または4等分にカットし、下味の調味料とともにボールで10分漬ける。

2.ニラを5cm幅くらいにカットし、もやしは洗ってザルに上げ水を切っておく。

3.フライパンにサラダ油を大さじ2から3程度入れ熱し、下味を付けた肉に片栗粉を付け、中弱火程度で焼き揚げていく。

4.一旦揚げた肉をお皿に取っておき、フライパンの残りの油でもやしと鶏がらスープの素を入れ炒める(スープの素が溶けるまで)。

5.もやしがしんなりしたら、豚肉とニラを入れ、鍋肌から醤油、ごま油を入れ、こしょうを少々振り全体になじませたら出来上がり。

スポンサーリンク

【感想とポイント】

油はフライパン全体に薄く行き渡るくらい入れ、肉は片栗粉を付けたものを手早く並べ入れて焼き上げた方が楽です。

1枚ずつ片栗粉に付けて入れると、先に入れた肉の衣に油をどんどん吸われてしまい、油がなくなってしまいます。

 

もやしを炒めるときは、フライパンの中が油しかなくてカラカラの状態で、鶏がらスープの素が溶けるか心配でしたが、

もやしに鶏がらスープが付着すると浸透圧でもやしの水分が出てくるので平気でした。

 

その後肉とニラを入れて仕上げるときは、肉にはすでに火が通っていますから、少しニラに火が通ればOKです。

色鮮やかな緑色になったら、手早くしょうゆ、ごま油、こしょうを入れて仕上げると、ニラの食感が保たれます。

 

今回はレバーが手に入らず、豚のロースを使いましたが、レバーは血の下処理などがあるので、その手間がかからない分だけ楽かもしれません。

また、血生臭い感じが苦手な人もいるので、そういった意味でも豚肉はおすすめです。

油を使って揚げると後始末が面倒ですが、このニラ豚炒めならば油も少なくて使い切り!

それでいて、しっかりとした中華料理感があるニラ豚炒めご家族も喜ぶと思いますから是非、お試しください。