お弁当や日々のおかずとしても人気のある唐揚げ。

今回はバラエティ番組の特損こと『あのニュースで得する人、損する人』で家事えもんが紹介していた『かけ算レシピ』を参考にした簡単&オリジナルの唐揚げをご紹介します。

衣にコーンフレークを使う事でサクサクした食感になります。

本来は肉を柔らかく、ジューシーにするためにブライン液というものに15分程度漬けるのですが、今回は漬け忘れてしまいました。

更にネギの青い部分を使う工程があるのですが、このレシピのためだけに買うのは使い切れなさそうだったので、冷凍保存しておいた小ネギで代用して作ったため完全なオリジナルになりました。

しかし、味の方は問題なく美味しく完成したので、逆にひと手間少ないふん時短が出来てしまいました。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【材料】

  • 鶏もも肉・・・300g
  • 小ねぎ・・・2束
  • コーンフレーク・・・100g
  • 卵・・・1個
  • キャベツ・・・1/6

★合わせ調味料

  • めんつゆ(創味を使用)・・・大さじ3
  • みりん・・・大さじ1
  • しょうがチューブ・・・大さじ1

【作り方】

下準備

小ねぎを刻む。

鶏肉の皮を剥がしてフォークを刺し、味を染み込みやすくする(鶏皮はお好みで付けたままでも良いと思います)。

鶏肉を4センチくらいの大きさにカットし、ビニール袋にネギと鶏肉、合わせ調味料を入れ、よく揉んだら冷蔵庫で15分以上寝かす。

スポンサーリンク

材料を切る

キャベツは千切りにし、卵を溶いておく。

衣の準備と唐揚げの味付け

別の袋にコーンフレークを入れ5ミリくらいに叩いて砕く。

鶏肉を漬けて15分以上経過したら余計な調味料を捨て溶き卵を入れて揉み、全体に馴染んだらコーンフレークの衣が入った袋に入れて全体になじませる。

焼き揚げる

フライパンに油を1センチくらい張り火にかけ、油が温まったら肉を静かに入れ揚げる。

片面2分、裏返して3分揚げたら、出来上がったものからキッチンペーパーを敷いた皿に上げ、余分な油が吸い取られたら、用意しておいた皿に盛り付ける。

食べきれなかったら・・・

タッパーに入れて次の日のお弁当などにしても美味しいです。

特損の唐揚げレシピ

【感想】

コーンフレークの砕き方が粗いと肉に衣が付きにくく、揚げるときやひっくり返すときに剥がれてしまうので、やや細かい位が良さそうです。

コーンフレークはジップロックなどの少し厚手の袋に入れて砕いてください。

薄いビニール袋を使うと、フレークで穴が空いてしまい、粉状になったものが出てきてしまいます。

肉は大き過ぎると火が入りにくく、小さいとジューシーさが損なわれるので大きさがポイントです。

合わせ調味料にネギが入る事で一味違う香りが付き、新鮮でした。

しょうがチューブは大さじ1よりも少ないくらいでも良さそうです

男子なら肉300グラムは一度で食べ切れますが、他に味噌汁などあれば少しだけ取り分けておくと弁当に使え便利ですよ。