グリルを使って魚を焼くと、後片付けが大変だから使ってない。そんな方も多いのではないでしょうか。

ところがグリル専用の鍋『グリルパン』を使うとそんな常識がひっくり返ります。

焼くだけなく、煮る、蒸すまで有効活用でき、お手入れは簡単に!

今までコンロの前で張り付き火加減を気にしていたのが、グリルの機能を使う事で自動化出来たりします。

Sponsord Link

グリルの汚れが激減し毎回の掃除が不要

魚焼きグリルを使う上での最大の難点は使った後の洗い物ではないでしょうか。

網に付いた焦げを1本1本丁寧に取り除き、脂の垂れ落ちたトレーや覗き窓を洗浄しなければならず時間が掛かるのが嫌と皆、思っていますね。

また、洗った後のパーツを乾燥させるにしても、水切りカゴはすでに食器で一杯になっていて場所がない。

それがグリルパンになると、洗い物はグリルパンだけになります。

大きさもお皿と同じくらいなので場所も全然とられません。

コンロの機能で火力を調節し自動消火で楽ちん

最近のガスコンロには焦げ付きを防止するような機能があり、火力を調整してくれるものもあります。

しかも、センサーが魚の焼き上がりを感知し、自動で火が止まる時代です。

この機能を使うと、グリルパンに材料をセットし、点火しておくだけで後は完成まで放っておくことが出来ます。

また、グリルで料理が一品出来るとガスコンロが一つ空くので、同時進行で別の料理を作ってみてはいかがでしょう。

Sponsord Link

おススメはアサヒ軽金属のスペースパン

調理器具はメーカーが加工を業者さんに依頼し制作されるのが一般的ですが、アサヒ軽金属のスペースパンは金属加工のプロが開発した商品です。

金属素材の特性を熟知した職人さん達がグリルの調理のために考えた特別仕様品。

これを使えば、素材の脂だけを利用して揚げ物を作る事が出来ます。このノンフライ調理は従来のような揚げ物の後の油の処理も必要ありません。

 

また、グリルの高温を最大限に活かして短時間でふっくらと調理できオーブン風の調理が出来ます。

効率よく調理に熱を使えるのでオーブンの様にくのはもちろん、込みハンバーグのようなものから、アサリの白ワインしまで、幅広い料理に対応出来ます。

 

一番お得なのはスペースパン特割セット10,000円(2016年8月現在)で、レシピ付きのガイドブック(冊子)、専用のガラス蓋、コルク製の鍋敷き、シリコングリップがセットなっています。

これを参考に今後、色々な料理に応用していけば良いだけです。

 

家では、以前はフライパンを浅、深の2種類を使って料理をすることがほとんどでしたが、現在は、ほぼ毎日スペースパンが使われ、フライパンはサブになっています。

そのくらい、このスペースパンは衝撃的で便利でした。

 

料理を少しでも効率的で楽にすれば、家族団欒の時間も増えて言うことなしですね。

また、レパートリーが増えれば、毎日の献立に悩むこともなくなるのではないでしょうか。

是非、参考にしてください。