チンゲン菜の炒め物は塩こしょうでなく、味噌炒めがおすすめです。

しょっぱいシンプルな味付けよりも、断然甘い和風テイストな味付けが子供にも人気。

最初に食べる味付けで好き嫌いが決まってしまうので、美味しい味噌炒め是非、お試しください。

スポンサーリンク

【材料】一人前

★メイン食材

  • チンゲン菜・・・1/2束
  • ピーマン・・・1個
  • ナス・・・1本
  • ひき肉(牛豚合い挽き肉)・・・100g

☆合わせ調味料

  • 味噌・・・大さじ3
  • みりん・・・大さじ4
  • 砂糖・・・小さじ1.5

※あらかじめ混ぜておく

【作り方】

1.チンゲン菜を茎の部分から切り落とし、茎と葉っぱの部分を分けて3cm幅にカットする。葉っぱが大きいので縦に1/2にしてからカットすると一口大になります。

2.ナスを縦半分でカットし、乱切りにする。

3.ピーマンは種を取りナスと同じくらいの大きさになるように、カットします。

4.フライパンにサラダ油を大さじ2入れ、強火にかけ熱くなったら挽き肉を入れ炒める。

5.挽き肉から油が出てきたら、ナスを入れ炒める。

6.ナスが少油を吸い黄色っぽくなり始めたら、ピーマンとチンゲン菜の茎の部分を入れて炒める。

7.チンゲン菜の茎に火が入り始めたら、合わせ調味料を8割ほど入れて絡めていきます。

8.調味料が均等に行き渡ったら、チンゲン菜の葉の部分を入れて残りの合わせ調味料を入れます。

9.チンゲン菜の葉がしんなりしてきたら、火を止めて皿に盛り付け完成。

スポンサーリンク

【感想とポイント】

一人暮らしの方は、チンゲン菜を1束丸々入れると量が多くなるので1/2使用しますが、丁寧に根元の部分に包丁を入れると1枚ずつ剥がすことが出来ます。

 

チンゲン菜の茎の部分を先に入れて火を通す事で、全体の食感が良くなります。

また、味噌炒めのタレはしょっぱいので葉っぱの部分と絡むとすぐに水分が大量に出てきてしまうため、必要最小限だけ残し先に他の野菜や挽き肉に吸わせる事で防止出来ます。

 

挽き肉はひとり100gあるとお肉もしっかりと食べた感じがあるので、腹持ちも良くなります。

このレシピでは、挽き肉が一番味がしっかりと付くので肉だけを白飯の上に乗せて掻きこむように食べると美味しいですよ。

水分が出ないように料理出来るようになると、タッパーなどに入れて運べるのでお弁当のおかずとしても使えます。

 

チンゲン菜の栄養素は油に溶ける物が多いので、挽き肉の油に溶かしナスに吸わせることで効率よく摂取出来て非常に相性がバッチリです。

スーパーでもお買い得な一品なので是非、お試しください。