白菜が大量にあまってしまい、そろそろ使わないと傷んでしまいそう・・・

なんとか大量消費したいと思っているなら、こちらを試してみてはいかがでしょうか!?

2人分でも白菜1/8を消費してくれるので、あっと間になくなりますよ!

鍋以外で大量に消費できる夏場に使えるおススメの一品です!!

スポンサーリンク

材料:2人分

  • キクラゲ(乾燥品)・・・3g
  • 白菜・・・1/8個(だいたい300g)
  • サラダ油・・・大さじ1
  • ひき肉・・・150g
  • ニンニク(みじん切り)・・・小さじ1
  • 長ネギ(みじん切り)・・・・大さじ3くらい
  • 酒・・・大さじ2
  • だし汁(※水可)・・・1/2カップ(100ml)
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ1/2

☆片栗粉・・大さじ1

水・・・大さじ2

※我が家はひき肉が鶏の胸肉なので、旨味を足すためにだし汁を使用しますが、豚や合い挽き肉を使用するならだし汁は水でOKです!

また油は、香りの強いものと弱いもののごま油を2種類で作りました。

白菜とひき肉の和風炒めの作り方

下ごしらえ

キクラゲはたっぷりの水に20~30分浸して水気を切り、硬い部分は取り除いて一口大の大きさにカット。

白菜は大きいをものは縦に半分にしてから、繊維に直角に幅3cmにカットします。

ニンニクと長ネギもみじん切りにして準備しておきます。

白菜とキクラゲのひき肉和風炒め
※私は減塩しょうゆなので、かなり薄味です。

炒める

フライパンに油を入れて、中火で熱しひき肉を入れほぐすように炒めます。

肉の色が変わったら、ニンニクと長ネギを入れて炒め合わせ、さらに白菜とキクラゲを加えます。

白菜とキクラゲのひき肉和風炒め

味付けをする

全体に油が回ったら、酒とだし汁を入れます。

煮立ったら醤油を加え、再び煮立ったら弱火にして、白菜が柔らかくなるまで5~6分煮ます。

最後に、水溶き片栗粉(☆)と回し入れとろみをつけたら、仕上げにごま油を入れ盛り付けます。

白菜とキクラゲのひき肉ピリ辛炒め

全体的に優しい薄味に仕上がっていますので、お腹も持たれずたくさんの野菜を食べられるおススメの一品です。

白菜は冬なら鍋にすれば大量消費が出来ますが、暖かい時期の鍋は家族が風当たりが強いと思うのでぜひ、お試しください!