市販のカレールーを使わずに、本格的でヘルシーなカレーを作りたい方におススメのレシピです。

鶏胸肉の他にトマトやナス、ズッキーニにパプリカ、玉ねぎを使って作りました。

水分トマトとヨーグルトからのみという一風変わったメニューですが、これからの夏野菜の季節にはぴったりの一品です。

スパイスが効いていて少し辛い、大人向けの味になります。

スポンサーリンク

ヨーグルトチキンカレーの材料(2~3人前)

チキンカレーの材料

・鶏胸肉(一口大)・・・350g

A 塩・・・小さじ1/4

A カレー粉・・・大さじ1/4

・トマト(2cm角)・・・100g(大1個)

・オリーブオイル・・・大さじ2と1/4

・クミンシード・・・小さじ1/2

・シナモン・スティック・・・1/2本

・赤唐辛子(2等分)・・・1/2

B 玉ねぎ(みじん切り)・・・300g(大1個くらい)

B ニンニク(みじん切り)・・・1かけ分

B しょうが(みじん切り)・・・小さじ1くらい

・カレー粉・・・大さじ2

・ヨーグルト(無糖)・・・・150g

・ローリエ・・・1枚

・塩・・・小さじ3/4

・米・・・適宜

【付け合せの焼き野菜】

  • ナス・・・1本
  • ズッキーニ・・・1/2から1本
  • パプリカ・・・小1個

スポンサーリンク

ヨーグルトチキンカレーの作り方

下ごしらえ

鶏肉はお好みで脂肪や皮などを処理して、一口大にカットし、Aの塩とカレー粉をふって混ぜ20分ほど置いておく。

野菜をカットする

トマトはヘタと取り除き2cm角、しょうがとニンニク、玉ねぎはみじん切り、赤唐辛子は辛口好みなら小口切りなど細かくカット。

チキンカレーの材料1

野菜を炒める

鍋にオリーブオイル(大さじ2)とクミンシードを入れて弱火で炒め、気泡が出てきたらシナモン・スティックと赤唐辛子を加えて炒める。

香りが立ってきたらBの野菜を入れて中火でしんなりするまで炒め、水気がなくなったら蓋をして、途中焦げないように混ぜながら茶色になるまで20分くらい炒める。

この時点で、シナモン・スティックは外しました。

20分炒めるとこんな感じ(ちょっと焦げたかも?)。

チキンカレーの材料

鶏肉を焼く(20分)

フライパンに残りの油(大さじ1/4)を入れて熱し、中火で鶏肉を焼く(皮付きなら皮目を下に)。焼きあがったら、先ほどの鍋に入れます。

当家は大きいフライパンは1つしかないので、フライパンを空けるため鍋に移しました。

チキンカレーの材料

煮込む(30分)

鍋にカレー粉を振り入れて炒め、ヨーグルトとトマトを加えて混ぜる。ローリエと塩も加えて混ぜ、蓋をして弱火にします。

途中、焦げないように鍋を混ぜ30分ほど煮込んでカレーは完成です(5分に一回くらい混ぜていました)。

チキンカレーの材料

30分煮込んだ後の鍋の画像はこんな感じです。

水分はトマトとヨーグルトのだけですが、問題ありません。

ヨーグルトチキンカレーの完成

付け合せの野菜を焼く

ナスとズッキーニはヘタを取り、厚さ1cmの斜め切りにし、パプリカはヘタと種を取り除いて、食べやすく切ります。

魚焼きグリルやオーブントースター入れて、両面が柔らかくなるまで焼く。

私は、ナスとズッキーニはグリルを使用し、パプリカはオーブントースターで焼きました。

野菜が焼けたら盛り付けて完成です。

ヨーグルトチキンカレー

もう少し、ズッキーニを焼いても良かったですが、野菜に網の焼け跡が付けばOKな感じでした。

パプリカは生でも食べられるので、お好みの焼き加減で平気です。

感想

いかがでしたでしょうか!?

一見辛そうに思うかもしれませんが、玉ねぎをしっかりと炒めているのでちゃんと甘さもあるカレーになっています。

水分が少ないと思われるかたはトマトやヨーグルトの量を多くし、味が薄くなったら調味料を追加してください。

トマトやナスなどの夏野菜はこれからが美味しくてなおかつ安く手に入る季節なので、ぜひ作ってみてください!