少し前に紹介した塩豚を使ったチャーハンのレシピ。今回は、ナスを使って料理してみました。

チャーハンと言えば家庭で作るときにお米がパラパラにならない事が多いですが、これを解決する2つのコツがあります。

そのパラパラにする簡単なコツも合わせてご紹介致します。

スポンサーリンク

【材料】一人前

★メイン食材

  • 塩豚・・・100gくらい
  • レタス・・・4枚
  • ナス・・・1本
  • ピーマン・・・1本
  • 卵・・・1コ

☆調味料

  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 油・・・大さじ1

【作り方】

1.ピーマンは1~2cm四方の大きさにカットし、ナスは縦に4等分し2cm幅くらいにカットする。レタスは炒めると小さくなるので適当な大きさにちぎっておく。

2.塩を洗い流した豚肉を1cmの厚みにカットしさらに小さく2cm四方の大きさにします。

3.茶碗に卵を溶き入れ、卵かけご飯にして準備しておく。

4.フライパンに油を入れ中強火にかけ熱くなったら、塩豚を入れて炒める。

5.塩豚に火が通り油が出てきたらナスを入れて炒める。ナスが少し黄色っぽくなったらピーマンを入れ、色が鮮やかになるくらいまで炒める。

6.中央の部分の野菜をどけて卵かけご飯を入れたら、鍋底にいっぱいになるよう圧迫して広げ、野菜を鍋肌に押しやっていく。

7.ご飯が鍋底いっぱいに広がった状態を維持しながら、木ベラで切るように米だけを炒める。この時に、フライパンを揺すって煽ると具材とご飯が混ざりパラパラになりません。

8.ご飯を木ベラで縦・横・斜めと細かく切るように炒めると、米の水分がだんだんと蒸発しパラパラになっていきます。鍋肌は火力が伝わりにくいので焦げませんからご安心を。

9.ご飯がパラパラになったところで、フライパンを煽って具材と混ぜて、鍋肌からしょうゆを回しながら入れます(直接ご飯や具材にかけるとしょうゆの香ばしさが上手く引き立ちません)。

10.最後にレタスを入れフライパンを煽り、しんなりしたら完成です。

スポンサーリンク

【ご飯をパラパラにポイントと解説】

家庭で作るチャーハンがパラパラにならない原因は火力の問題です。火力が強力なら鍋を煽るだけでご飯の水分が蒸発しパラパラになりますが、家庭のコンロでは無理です。

そこで、ガスコンロの火力を効率よくご飯の水分の蒸発に使うために鍋底一面にご飯を広げる必要があります。

鍋底のご飯はと水分を含んでいてさらに、冷たい溶き卵でコーティングされているので、火が伝わってもすぐに焦げたりはしません。

ガスコンロの火力は鍋底→鍋肌の順番に伝わるので鍋肌に追いやられた具材には熱が伝わりにくくなり焦げ付きが防止できます。

この様にして効率よく、ガスコンロの火力をご飯に伝えると、パラパラとしたチャーハンになります。是非、お試しください。